wordpressを続ける理由

ちょいと整理。

メリット

・ドメインを取る、証明書を取る、AWSを使う、GAを入れるなどいろんなことをする必要があるので勉強になる

・テーマのアレンジなどカスタマイズの幅が広い

デメリット

・1年目で月100円くらい、2年目以降から1000円程度になりそうなのでお金がかかる

・第二のモチベであるアクセス数を確認するのがいちいちGAを見に行くのでしんどい

・URLの埋め込みが「自分の書いた記事」しかできない

 1年後ははてブにしようかなぁ。。

「Search Regex」を使ってwordpressDB内の「http://~」の値「https://~」に置換する際はドメイン全てを入力すること

「Search Regex」の使い方

参考:https://re-means.com/search-regex-how-to-globally-replace-the-image-url-to-https-from-http/

なぜ「http://~」ではなく、ドメインを全てを入力するのか

例えば外部のリンクなどでhttpsに対応していないサイトがあった場合、ドメイン全てを入力せずに置換すると無効なリンクになってしまうから

wordpress内に別のwordpressを設置する

wordpressを入れ子にして、コンテンツを管理する方法について

手順

Mysqlにスキーマを作成し、wordpressからのアクセスユーザーに全権限を与える

mysqlにログインして、以下のコマンドでDBを作成する

create schema DB名;
grant ALL on 上で設定したDB名.* to 'wordpress'@'localhost';

wordpress内にディレクトリを作成して、そこにwordpressをインストールする

インストールする際のDBは上記で作成したDBにする

以上で作業完了

wordpressを運用しているEC2にElastic IPを振った場合DBの「siteurl」と「home」を変更しなければならない

問題

wordpressの各ページのURLは、DB内のoptionsテーブルの「siteurl」と「home」を参照している

EC2にElastic IPを振ったり、ドメイン設定をしたりする際はこちらも変更しないと、正しい場所を読みに行かなくなる

変更しないと、ブラウザから接続した際にタイムアウトしたり、正しくファイルが読み込まれなくなる

対応

一般設定から「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」を変更する

これで正しくページが読み込まれた