無料でドメインを取得して、Route53を使ってEC2のIPに紐づける

手順

大まかな流れ

  • ドメインを取得する
  • AWSのroute53でホストゾーンを作成する
  • ドメインのサイトでネームサーバーに、route53のNSレコード値を転記する
  • route53のホストゾーンにAレコードに設定して、EC2のIPv4とドメインの結び付けを行う

freenomでドメインを取得する

https://my.freenom.com

freenomを使うのは無料だし、トップレベルドメインにこだわらないから

とりあえず、「.ga」を頂くとする

「12 Months @ FREE」であることを確認する

「Forward this domain to」は現在のEC2のアドレスを入力

googleアカウントでログインしてお会計

「ユーザー詳細」を入力してsubmitする

これで登録は完了し、取得したドメインにアクセスすると、「Forward this domain to」に入力したアドレスに飛ぶようになる

ただし、これだと取得したドメインがリダイレクトをさせているに過ぎないので、例えば記事ページに飛んでも、「orelog.ga/archives/〇〇」のようにならず、「orelog.ga」のままで変わらなくなる

こうならないようにするためには、DNSを設定してドメインの読み替えを設定する必要がある

Route 53を利用してDNSを設定する

AWSのRoute53でネームサーバーを設定する

AWSにログインして、「Route 53」を選択し、「ホストゾーン」から「ホストゾーンの作成」を選択する

ドメイン名は「取得したドメイン」のみを入力する

必要事項を入力し、「作成」を押す

すると、ネームサーバー情報が出てくるのでこれを全てコピーする

Freenomからネームサーバー設定画面を開き、先ほどのネームサーバー情報を貼り付ける

これでfreenom側での設定は完了 

route53でAレコードを設定する

以上で設定は完了

参考:https://qiita.com/Yuki_BB3/items/effdf1bb38263bfef82a

トラブルシューティング

上記の設定を行なったが、ドメインにアクセスしても「このサイトにアクセスできません」となる

・digコマンドで設定が反映できているかを確認する

dig 取得したドメイン +noedns +answer

・route53の各種レコードのTTL設定を確認する

設定されているTTLの時間分が経過しないと反映されないので、設定されている時間を確認する

ドメインの有効期限確認方法

ヘッダーから「Renew Domains」を選択する

取得しているドメインと有効期限の一覧が見られる

有効期限の更新もここから

参考:https://qiita.com/teekay/items/135dc67e39f24997019e

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です