FORTNITE:反省 vol.1

2020/05/17時点

反省動画

課題

近距離での撃ち合いの時のしゃがみながら撃っている

 撃ち合いの時にしゃがん撃つと相手の狙いをずらすことができない。なので、仮にレティクルが閉じて狙いやすくなっても、動く相手と戦うと状況は悪い。例え手負いの相手と戦って勝ってもこちらも瀕死になってしまう。

 なので、ジャンプしたりなど、相手に狙い定させないこと。ジャンプ撃ちはできないわけじゃないので、意識してやること。

相手に建築をされた時の対応ができてない

 相手に壁などの建築を少しされただけであっという間に対応できなくなってオロオロしてしまう。「相手が何を建ててきたらどうするか」をよく考えること。まずはメジャーパターンから対応策を検討して練習すること。

武器の有効射程が考えられていない

  • タクショを1マス以上離れた場所から撃つ
  • 相手が遠くてよく見えないのにARを撃つ

 これをやめる。

  • タクショは1マス以内で撃つ。遠い場合は壁階段を建てて近づく
  • ARは50mくらい(これは体に憶えさせること)まででしか撃たない

有利なポジションから襲われた時の背を向けて走って逃げている

 有利なポジションから攻撃してくる相手に対して、「軽く建築をする」→「背を向けて逃げる」では逃げてるところを撃たれてしまう。これは例え逃げ切れても体力はたっぷり削られるのでよくない。

 これに対しては、逃げるのではなく建築で身を守り、相手と戦うことにする。建築で身を守れていれば、相手を迎え撃つこともできる。

距離を詰める時に建築で身を守っていない

 こちらが先に攻撃して、相手が建築で身を守った場合は距離を詰めて追い討ちをしたい。

 この時、相手が籠っている建築物に対して建築で身を守らずに突進してはこちらが攻撃される。この場合は相手の建築物の頭上に自分が来るように建築をしながら間合いを詰めること。

 画像の場合なら壁階段を根本に作って、そこから床壁階段で1段作り、その後床を作ると硬い建築で距離を詰められる。

相手の建築に対して建築で対抗できていない

 相手が建築をしたら、建築に対してその根本をツルハシでぶん殴ることしかできていない。相手の立場からするとこの状態は、建築のどこを叩いているのか大体の音で判断できるので、自分は不利なポジションにいて、かつ居場所まで教えてしまっていることになる。

 相手が建築をしたらこちらも建築をして、相手より高い位置、少なくとも同じ高さに移動することを優先して動くこと。

ロケットランチャーを効果的に使えていない

 現状は建築にこもっている相手に対して適当に撃っているだけ。

 相手の建築を破壊して、相手を地上に落として有利ポジションを作ることができる武器なので、そのように使うこと。

 終盤の戦闘においてはロケットランチャーを全弾撃ち切るまではこちらから攻めにいかなくてもよいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です